« 家の契約 | トップページ | おいかけっこ »

「おまえは味覚音痴でうらやましい。」
日本で度々友人に言われていたセリフだ。
納豆、椎茸、なす、牡蠣、セロリ...食べれない食材は多々あるが、
自分が食べれる食材は通常美味しく食べることが出来る。
他の人が言う「美味しい料理」でも「マズイ料理」でも、
これまでは「うん、美味しい。」と特別な感情なく食べていた。

日本人にとって米はとても大切だが、これも同じだった。
アメリカで販売される米はアジア系の米でも一般的に「マズイ」。
もちろん日本の米と味や輝きが違うことは分かるが、
「特別美味しいわけではないが、ま、こんなものか」
と自分は美味しくいただいていた。
ところが先日ワシントンDCのアジア系スーパーで購入した日本銘柄の新米。
「美味しい!」
この「美味しい!」は、これまでの感動のない「美味しい。」とは違う。
味の違いが分かる人間に成長できたようだ。
違いの分かる人間に育ててくれた日本のお米に感謝。

|

« 家の契約 | トップページ | おいかけっこ »

小太郎のお父さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63639/47272483

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 家の契約 | トップページ | おいかけっこ »