引っ越し

小太郎トレーニング中

この下の二つの記事は、小太郎の悲痛な叫び声を聞きながら書きました。

私がいる時間小太郎にお留守番部屋に入ってもらって、さすがにドアを閉めるとかわいそうなので入り口に柵をして。

見えるところに私がいてもなくんですねぇ。
心臓に悪いです。

30分くらいであきらめるだろうと思ったのに、小太郎はしぶとい!50分以上甲高い声、太い声、グフグフいう声で(手を変え品を変え?)なきつづけてようやく疲れたみたいでなきやみました。
吠えても相手にしてもらえないって学習したからというより純粋に疲れたから?

で、5分くらい黙ってたかと思ったらまたなきはじめました。
全然学習じゃないですね。疲れ復活です。

今までずっと部屋の中を自由にさせてたからねぇ。

慣れない部屋で、隔離されて、小太郎はどう思っているのか分からないけど人間不信になりそうですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

泣けてくる

新しい家で神経質になっている小太郎が外の物音に反応してずーっと吠えているので、新しい土地でナーバスになっているこちらも泣きたくなります。
トイレも認識してくれないし。
私も気を紛らわすものがないし。
一日中何もすることがない。

で、昨日は一日5回も散歩に行きました。

うちの周り
Photo
敷地内にこのアパートが点々と建っている。

敷地内から道路に出る道
Photo_3

アパートの敷地の裏
Photo_2
Photo_4
週末旦那と一緒に散歩した時はいい散歩道だなと思ったけど、誰も歩いていない時に一人で歩いているともの悲しくなる感じの道です。
でも表へ出ると車がビュンビュン走るので、敷地内とこの道が毎日の散歩コースになりそう。
治安がよくてどこへ行っても人が多くて街灯も多いシンガポールと違って、夜は本当に真っ暗になるし他の地域に比べたら治安がいい町だとは言ってもここはアメリカなので日が落ちたら徒歩ではもう出かけられません。
早く車を買いたいなー。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

あららららー (小太郎が飛行機に乗れない!?)

順調にワシントンDCまで来て、国内線乗り継ぎの手続きのあと大トラブル勃発(-.-;)

直前に搭乗口の変更があったりして(しかも掲示板に変更案内が出ずに口頭案内だけ)どきどきしながらやっと飛行機に乗り込んで、シートベルト締めて、さぁエンジンがブルブル言い出したよーこのちっちゃいプロペラ機ほんとにだいじょぶかねー?というところで、「Live animalをお預けになったお客様〜」と私の座席のところまで客室乗務員がきて、なにがなんだかいまいちよくわからないまま飛行機を降ろされる。
直前になって降ろされるこういう人見たことあるけどまさか自分がそうなるとは!

で、結局「この大きさの飛行機にはLive animalは乗せられないのよ」だそうで・・・。

といわれましてもー(-_-メ)。
こちらもこのチケット買うときにシンガポールのユナイテッドのオフィスまで出掛けてしつこく確認したんですけどねぇ・・。小さいプロペラ機に犬は載せられるのかって。調べてみるって言ってあちこち確認して1匹なら大丈夫って言ったじゃんよー!で発券もしてるじゃねーか!

と怒ってみたり歎いてみたり泣いたりしたところで、なんとかなるわけでもなく、その件を引き継いでくれたお兄さんが感じよくて、ベストな方法を探すと言ってくれてあちこち当たってくれているので心して待つことに。その間旦那に電話でトラブルを報告したり、旦那が担当者と直接話したがったので電話かわってもらったり。

でもとにかくシャーロッツビルまでの飛行機はすべて同じ規格のやつで無理だし、近くの空港まで飛んでる大きめの飛行機に載せてー とかいろいろシミュレーションしてみたけど1番近い空港はこのワシントンDCだし。お兄さんがスーパーバイザーに相談しに行く、と少し離れたところにいた役職付きっぽい貫禄のあるあじさんとすこし話して、ここからタクシーで行くしかあるまい、ということに。残念だけどこいつらのタクシー代出すしかないかーという感じ。
タクシーのバウチャーを出してもらって、犬をメインターミナルに戻して私がピックアップできるように手配してもらって。(乗り継ぎのところで再度預けたあとどこにいるのかわからないから)。この間怒りモードに入った旦那から何度も「担当者に電話かわって」と電話がかかってきたけど、あちこち連絡とって段取りを話し合ってる最中だったりでいまいちタイミングが合わず夫の怒りは行き先がなく〜。

手配してもらった通りにメインターミナルまで戻って、言われたbaggage claimのところで待ってみても小太郎は出てこないので、またそこにいた人にこういう事情で犬を待ってるということを伝えて、荷物番号も伝えると「今探してみるから」と言われる。探してるからって・・・・。さっきのお兄さん犬をメインターミナルに戻してって連絡してたじゃん!電話で話してたの聞いたよ!?

でもとにかく、今探してるから、大型の荷物が出て来るところがあっちだからあっちで待ってて、といわれひたすら待つ。タクシーのバウチャー手配してくれたお兄さんに犬をピックアップするまで一緒にいてもらえばよかったーと後悔しながら待つ・・・待つ・・。

あんまりにもいろんなスタッフに犬待ってるんだけど〜って言い過ぎて、いろんな人にまだ出てこないの?って心配されるくらい出てこない。旦那が怒ってもう一回担当者と話させろというのでもう一度baggage claim担当の人と話しをしてもらうが、どうしたってやはり待つしかない。
(日本語でも苦情を言うのがあまり得意じゃない私と違って、クレーム付けたり苦情を言ったりするのが上手で頼りになる旦那さんなんだけど、このときはちょっと黙ってて、こっちから電話するからそんなにしつこく電話しないで、と思ってしまった・・・・)

どうなってるのー!
もうこのまま会えなかったらどうしようと悲しくなってきたころに(1時間以上は待ったね・・・)、ついに出て来た〜!キター!ほんとなら目的の空港に着いているはずの時間を1時間以上超えて。
ごめんね。小太郎。
飛行機に乗れないって聞いた時にはまぁ何とかなるだろうと楽観的だったんだけど、小太郎が出てくるのを待ってる時が一番つらかった。
小太郎はおしっこも20時間近く我慢してる。

預けた荷物がすでにシャーロッツビル空港に行ってしまったので、ワシントンDCダラス空港からまずシャーロッツビル空港までタクシーで行って、そこで旦那と合流して無事家に着きましたとさ。
(このタクシーの運転手さんが、いい人だったんだけど、シャーロッツビル空港がどこにあるのか知らなくて手こずった。。。ナビがついてるんだけど使い方がいまいちよく分からないみたいで私が指示してたし。。)

DCから家までタクシーで2時間ちょっとなんだから、最初から犬は乗せられないと言ってくれれば最初からタクシーに乗ったし、そうしたら今回実際に家に着いた時間より5時間は早く家に着けた。
今回のユナイテッド航空の不手際にはほんと振り回されたよー。

無事犬と会えて荷物もロストバゲッジになったりしなかったからよかったものの。
現場のスタッフはよく対応してくれたけど、会社としては問題ありだよね。大問題。
ユナイテッドエアライン!

13日の金曜日の出来事なのでした・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

いよいよアメリカ行きカウントダウン

アメリカ行きの荷物(主にシンガポールに持って行ってなかった冬服)のパッキングもおわり書類も書いた(けっこうめんどくさい)ので、明日集荷に来てもらうのを待つばかり。

小太郎の健康診断もうけてきて書類一式をFAXで検疫所に送信してOKをもらったのでこれまた当日検疫に連れていけばいいだけ。

あとは持っていくスーツケースその他のかばんの荷造り、私の転出届をシンガポールに行く前に出してなかったので区役所に行く、と。
定額給付金もらえないなぁ。
でも裁判員なんかに選ばれたりするとやっかいなのでやっぱり転出しておいた方が無難そうです。

何物でもない、何の予定もないグータラな一時帰国も明日で終わり。あーー優雅な一ヶ月だったよ〜。頭を切り替えてすこしはチャキッとしなければ!

またゴソゴソしだした私をみて小太郎は今度は何が始まるのだ?と不安そう・・・。ひとりケージの中に入って出てこなくなったりして、小太郎も旅の予感?
明後日の朝家を出発ですよ〜。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

犬帰国覚え書き2

出発当日。
朝2時半に起きて小太郎の朝ご飯&散歩
とんでもない時間なんだけど、小太郎はいつもの通り嬉しそうにご飯を食べて嬉しそうに散歩に出かける。
変だなぁ??って思ってたんだろうけど。

空港では普通にカウンターに向かって(小太郎を連れて)、輸出許可証と健康診断書(特に書式はなくて、日本のForm Cを書いてもらった時に同時に発行してもらった)を提出すると、
「これオリジナルなの?コピーはないの?」と聞かれて、コピーは取ってない、と言うとコピーを取りに行ってくれました(ちょっと手間取る)。コピーをクレートに貼り付けるんだね。

だから次はオリジナルとコピーを1部ずつ持っていくことにします。

あと小太郎のクレートに付けるタグに、朝ご飯を食べた時間、最後に水を飲んだ時間(ボトルを付けてあるから関係ない)等々記入して小太郎用の運賃を払って終わり。

運賃は、予約をしに行ったUAのカウンターのお姉さんが、クレートの大きさと重さで、どちらか大きな方に当てはまる方の運賃になる、と言われて、小太郎のケージはsmall, middle, large, extra largeのうちのmiddleだったんだけど、小太郎込みの重さがlargeだったからlargeを予約してたんだけど、空港のカウンターのお姉さんは「重さは関係ないわよ」ってmiddleの料金ですみました。(たぶん規約ではどちらか大きな方に当てはまる方なんだろうけど、まぁ安くすんだからよし)。

その間小太郎は物音一つたてずに静か~にしてて「静かなわんちゃんねぇ」って言われたけど、自分の荷物を預けて、チケットもらってすべて手続きが終わってカウンターのところに小太郎を放置してカウンターを去る時に「俺を置いてくなよー」ってちょっとキュンキュン鳴く。

さて、日本着
ターンテーブルで自分の荷物が出てくるのを待っている間に係員の人が小太郎を台車に乗せて連れてきてくれました。
普通はそのまま税関通って外に出るけど、ターンテーブルのあるエリアの端っこに「動物検疫」と「植物検疫」があって(小太郎を連れてきてくれた人に検疫はどこですか、と聞きました)、自分の荷物と小太郎をカートに乗せて検疫のカウンターまで。

そこで日本入国の書類を提出。
書類と小太郎はそこの人に連れられて2回の検疫室まで、私は税関で小太郎の書類にはんこを押してもらいながら税関通って外に出て、迎えに来てくれた父と合流して、スーツケースがあると小太郎を運べないから出たところのフロアの端っこにある運送会社のカウンターで預けて、2回の検疫室へ。

検疫室では小太郎の書類のチェック、そこで新しい輸入検疫証明書を作ってくれて、小太郎のマイクロチップを確認して終わり。

シンガポールで確認したら2,3時間って言われたけど、実際には30分くらいで終わりました。
30分で終わるんならそのまま国内乗り継ぎの便に間に合ったのに~。

あとはえっちらおっちら小太郎を抱えて電車で帰りました。

抗体価の検査の証明書は2年間有効だから、ほんと大事な書類。
自分のパスポート並に大事な書類なのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

犬帰国覚え書き(シンガポールから日本へ)

ああようやく犬の手続きが終わって、あとは当日犬と一緒に行くことと書類を忘れないようにすることだけだわ~。
Photo_5
父ちゃん母ちゃんがゴソゴソと慌ただしく動き始めて、不安でいっぱいの小太郎。
忘れるわけないじゃないの!

【抗体価検査】
日本に入国する条件で一番めんどくさいのは狂犬病の抗体価検査デスネ。
マイクロチップを入れた後、1回目と2回目、30日以上1年以内に狂犬病不活化ワクチンを打って、その上で1週間空けて採血してもらって狂犬病に対する抗体が十分できてるかどうかを調べてもらわないといけないのね。

で、日本で検査した場合は採血から2年間はその検査結果が有効だけど、それ以上外国にいる場合は採血から180日そこで待機しなきゃいけない、、、、と。

えーと、小太郎の場合8月に日本で採血したから今回の帰国は問題ないけど、次は、、、、再来年の8月を超える場合は帰国日から逆算して待機180日+予防接種してから7日分前に検査しておかないといけないから・・・・
狂犬病の予防接種はこれから毎年9月にするとして、730-187=543ってことで日本での採血から543日目(約1年半)には狂犬病の予防接種2回目をしなきゃいけないから、小太郎の場合・・・・来年の2月には抗体価検査が必要。(2010年2月忘れない忘れない、、、)。

【日本への輸入届出】
帰国の40日以上前に届ける必要あり。
この前ユナイテッドエアラインの予約(私と犬の分)したら、その後電話がかかってきて、「日本は40日前に届け出ないとだめだからもうあの便は間に合わないわよ!」って言われてええっ?って焦ったけど先読みして届出しておいたのでした~。びっくりした。
40日より前ならどれだけ早くともいいわけだし、オンラインで申請できて帰国日が変更になってもオンラインで訂正できるからそんなに不便じゃないですね。

【日本へ帰るための健康診断】
Form AとForm C
帰国の48時間以内が好ましいって書いてあるけど、検疫所に問い合わせたら10日前まではよしとしているそうな。
Form Aは自分で記入する分
Form Cは獣医さんに記入してもらう分
獣医さんに記入してもらう部分は、
・マイクロチップが入っていることの確認
・狂犬病にかかっていないこと/レピストラ病にかかっていないこと 

あとは日本の出国の時の狂犬病予防接種の情報があればいらないけど、それがない場合は狂犬病の血清検査のための狂犬病予防接種の情報を記入してもらう必要があるから、健康診断に連れて行く時にそれを証明する書類を一緒に持っていかないといけませぬ。
小太郎の場合、夕方検査に行って、次の日の朝書類ができてました。

その後AVA HQ(Maxwellにある建物)に行ってForm AとForm Cの書類に裏書きしてもらわないと有効になりません。このときも抗体価検査の証明書を持っていく必要がありました。
裏書きしてもらうのに約1時間。
今日行ってきて費用は9.45ドル、現金は受け付けてくれなくてNETSのみ。(クレジットカードもいいのかな?わかりません)

【シンガポールの輸出許可証】
これは日本と逆で出国予定日の30日以内じゃないと受け付けてくれません。
日本の手続きした時に一緒にやっちゃえ~とついでに手続きしてみたら「まだダメよ。30日以内になったらもう一回申請してね」と職場に電話がかかってきました~。
これはDog Licenceを送る(添付する)必要ありです。
(職場の名前、住所、電話番号、会社の登録番号が入力必須項目だった。会社勤めしてない人は申請できないの?なんで?よくわかんない)
50ドルかかります。

出国のための健康診断とか条件は何もないみたい。
日本を出た時みたいに、検疫で検査してもらう必要もないし、以上の書類を揃えたら後は航空会社のカウンターに行ってね、どのくらい前に行ったらいいかは航空会社に問い合わせてね、ということだけでした。

入国させる時はあんなにうるさいのにね~。出てくのは勝手にしてくれと言わんばかり。(楽でいいんだけど)

帰国前にForm A,Cと届出受理書(日本へ入国するための)、抗体価検査証明書、日本から出国した場合は輸出検疫証明書をFAXまたはメールに添付で日本の検疫所に送ってチェックしてもらうようにしつこくしつこく催促メールが来ます。必須じゃないと思うんだけど、間違いがあったらよくないし、親切な制度ですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小太郎の場合最新の予防接種が2008年9月だから、2009年9月に予防接種、2010年2月に抗体価検査。以降はまたその検査が2年有効。

アメリカは輸入申請がいらない州がほとんどらしい(州によって違うとか)。
だから輸出申請を7日より前にするだけ。その前に獣医さんの健康診断。ふー。
Photo_6
これをカタカタと打ってる机の下でねている小太郎がうなされてるよ、、、、くぅーと寝言いったりワンッとちっちゃく吠えてみたり。置いてかれる夢でも見てるのか??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニクロがやってくる~

とうとうシンガポールにユニクロが来るんですねぇ。

タンピネス駅前に新しくできるショッピングセンターと、今オーチャードのところで工事が進んでいるION(これってジャスコ?)とふたっつできるみたいです。

ってうちには関係ないんだけど・・・(o゚ε゚o)

アメリカはここのところ個人ベースの食料の持ち込み全面禁止らしいです(ものすごく厳しくチェックされるらしいです)。
私たちが行くところはめちゃめちゃ田舎なので、例えばNYとかサンフランシスコとかみたいに簡単に日本食が手に入る訳じゃないし、日本人体型の(身長も日本人平均の)私たちに合う服はあんまりないだろうし、外国といえどもシンガポールは日本人には住みやすいとこだったんだなぁと改めて感じます。
Cimg1184
公園はあると思います(´,_ゝ`)プッ
シンガポール以上に自然はいっぱいだと思うのできみには何も心配ないと思います。
ただ行く時期は寒いと思うけど~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

引っ越しの準備

を邪魔する小太郎。
母ちゃんはいろんな手続きとか問い合わせとかに忙しいんだよ~。
Photo
俺も手伝うよ~。

今日はビザの受け取りに再びアメリカ大使館に行ってきました。
インタビューの時と違って、外の運動会の時に建てるみたいなテントで時間まで待たされて(暑いのに!)、時間になったら行列をつくって大使館の入り口のところで引換券と引き替えにビザの貼られたパスポートが配給されました。

何だかなぁ。
皆の者、恐れ多くもアメリカ様がビザを下されるぞよ
という感じでしたでございましたよ。
ははぁ、ありがたき幸せに存じます、とね。

あとは航空会社のカウンターで(犬付きなのでね、ネットと電話だと埒があかんのですよ)妻の分の航空券を購入。
夫クレジットカードで払おうとしたら夫がカードの暗証番号を思い出せなくて、
(PIN numberと言われたので)
「ほら、暗証番号だよ」
「あれ?何だっけ?6桁じゃないよな?」
「6桁はPOSBだよ(シンガポールの銀行)」
とかいう会話を日本語でしていたら隣のカウンターにいたOLらしきお姉さんが日本人だったみたいで「あらら笑」と言われてしまいました。

すみませんお見苦しいところをお見せして・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

go to US

Photo
いや、インタビューが終わっただけで実際もらえるのは金曜日なんですがね、引換券をもらったのでもらったも同然。
アメリカ大使館はアポイントメントがないと入れなくって、アポイントメントの書類がないと入れなくって、荷物チェックされて、X線通して、電子機器(携帯も)預かりになって、自分も空港にあるみたいな金属探知ゲート通って、シンガポールにあってもアメリカ入国でした。(当たり前だけど)
スタッフの人はやけにフレンドリーで「おはよございます~」「ありがとございます~」って日本語連発だったけど。

夫はボスに最後の最後まで仕事を請け負ったらしいので1月も終わりくらいにならないとシンガポール旅立てませんが妻(と犬)は16日に日本に帰ることにケテイ!

日本は寒いだろうな・・・。
日本に住んでいる人には申し訳ないけど、寒いってどんなの?って言いそうになる今日この頃。
なーんて偉そうに言っちゃうけど、たった1シーズン秋~初冬を経験しなかっただけで寒くて朝起きられないとか寒くて身体が動かないとかいう感覚忘れちゃうものらしいです。へんだね~。

寒い時は・・・・
Photo_2
手足は中にしまうのが正解!
得意の箱座りで寒さ対策もばっちり!

来週中には夫スーツケースに入るだけの荷物を残して、シンガポール撤収です。
来月にはもうアメリカにいて、寒いよ~シンガポールに帰りたいよ~とか言ってるのがリアルに想像できます・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クイックルワイパーの柄

うちにあるクイックワイパーの柄は、3つに分かれている棒をねじ式につなげて長くしてやっと立って使える位の長さになるものなんですが(近くのフードコートにある雑貨屋さんでとてもとても安かったやつ)、馬鹿力で使うせいか、使い始めて1ヶ月くらいでねじの一つが壊れて長さが2/3になり、その少し短くなったやつを使いづらいなーと思いながら大事に使っていたのが先週とうとうもう一つのねじも壊れ、最初の1/3の長さになってしまいました・・・.

もう棒が付いてる意味なし.

1月中にはシンガポール撤退の予定なんですがね、となると引っ越し前の大掃除なんかがあったりする訳でしてね、でもどうせ海外引っ越しだから持っていく訳じゃないんですがね、やっぱり新しく買うべきでしょうかねぇ.買うべきでしょうねぇ・・・・.ああめんどくさ

何であと数週間持ちこたえてくれなかったのかな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧